日本には約18万の宗教法人があるが、そのうち約4000団体が
「休眠宗教法人」である。 宗教法人には「税制優遇」があるため
脱税や節税を目論む業者が休眠状態の宗教法人格を手に入れる
ためにあの手この手を駆使し、売買を仲立ちする「宗教ブローカー」
まで存在する。


 最近ではネット上に「税金対策」と銘打って買い手を募るサイトも
登場した。2009年にはある宗教法人がネットオークションに出品した
宗教団体に1億円の値がつき、当局が調査に乗り出す事件も起きた。
こうした状況に宗教法人を監督する文化庁はお手上げ状態だという。

つづき(NEWSポストセブン)

2012.05.05 16:00